Star Ruby Ruby extension library for creating 2D games

概要

Ruby を使ったゲーム開発

オブジェクト指向スクリプト言語 Ruby

オブジェクト指向スクリプト言語 Ruby を使って、スーパーファミコン風の 2D ゲームを簡単に作ることが出来ます。

ゲーム作成のための API は非常にシンプルで、学習が容易です。

豊富な描画エフェクト

描画エフェクト

減色、加色、彩度変更、色相回転などの色調を変更するエフェクトや、拡大縮小、回転などの幾何変換まで、豊富なエフェクトが自由に使えます。加算、減算合成も行えます。

透視変換描画

透視変換描画

スーパーファミコンのゲームでよく使われる透視座標変換を、 Star Ruby では簡単に実現できます。今までの 2D ゲームライブラリにはなかった機能です。

すべてテクスチャ

テクスチャ

Star Ruby の描画の基本概念は、「テクスチャ」と呼ばれるオブジェクトしかありません。 PNG 画像ファイル、最終出力画面、中間バッファすべてがテクスチャです。ほとんどの描画操作が「テクスチャからテクスチャへの描画」だけで済みます。さらに、テクスチャ描画の際、描画エフェクトを自由にかけることができます。

テクスチャはフルカラー、αチャンネル付きの 32bit ビットマップです。 PNG 形式のファイルとして出力することもできます。

文字描画

文字描画

TTF ファイルを使って、テクスチャに文字を描画できます。インストール済みフォントもフォント名で指定可能です。

アンチエイリアスの有無が選択できます。

自由な解像度

画面の解像度は自由に決めることができます。

また、解像度をそのままに、画面を倍にすることもできます。

入力

入力

入力はキーボード、ゲームパッド、マウスに対応しています。

ボタンを押しっぱなしにしたときのオートリピート (「タン、タタタタ…」) にも対応しています。

サウンド

OGG、 WAV の形式に対応しています。

BGM の一時停止、途中からの再生が可能です。

優れたパフォーマンス

Star Ruby は C 言語で書かれており、描画処理などが高速に動作します。 2D ゲームを動かすのに十分なパフォーマンスを発揮します。

マルチプラットフォーム

Windows、 Linux、 Mac OS X で動作します。

他のライブラリとの連携

各クラスは、ゲームに限らずなるべく独立して使えるように設計されています。

たとえば、 GUI ライブラリである Ruby-GNOME2 などのウィンドウに、 Star Ruby の Texture を描画することも可能です。

オープンソース

MIT ライセンスです。

© Copyright 2017 Hajime Hoshi